コールドプレスジュースが高い!自宅での作り方は?

 

コールドプレスジュースは専用のジューサーで搾ったジュースで、野菜や果物の高い栄養価と生きた酵素を含み健康や生活習慣病、ダイエットやアンチエイジングに効果があるとして人気があります。

 

人の身体は日々栄養を必要としますので、コールドプレスジュースの効果を最大限に発揮するには、1回限りでなく可能なかぎり毎日飲み続ける必要があります。

 

しかし専門店のコールドプレスジュースは1杯1000円前後と値段が高いです。1日1杯に限定しても1年あたり1000円  × 365日で約36万前後の負担となります。
コールドプレスジュースは自分だけが飲むのでなく、子どもや親など家族のために試してみたい、という人が多いため一般の家庭で気軽に続けるのは無理です。

 

身体の健康にこだわるあまりに日々の出費が赤字となってはかえって逆効果になってしまいます。

 

コールドプレスジュースを毎日試してみたいのであれば自宅でも手軽に作ることができるスロージューサーを利用しましょう。

 

スロージューサーであれば野菜や果物を用意するだけでいいので、1杯100円〜200円前後に価格を抑えることが出来ます。

 

自宅でコールドプレスジュースを試したい人向けのスロージューサーは?


スロージューサーを販売する会社は10社前後あり、性能やジュースを搾れる量には差があります。

 

健康やダイエット、アンチエイジングに適したスロージューサーは一部に限られます。

 

特に実際に売れているスロージューサーは一部のメーカーに集中しており、なかでも「ヒューロム社製スロージューサー」は日本だけなく全世界で670万台も販売実績のある人気機種です。
スロージューサーに関しては日本国内メーカーより海外製の方が歴史が長く、世界中の人から愛用されています。

 

どうして自宅で作るコールドプレスジュースが人気なのか?


スロージューサーは最初に本体を購入したあとは素材だけ準備すればいいので、専門店のコールドプレスジュースより遥かに安い1/5の値段で飲むことができ経済的です。

 

また好きな野菜や果物を試すことができるため、自分オリジナルのコールドプレスジュースを作ることができます。

 

わざわざ都内のコールドプレスジュース専門店に買いに行く必要もありません。

 

コールドプレスジュースは作ったあと翌日まで保存することは難しいため、専門店で大量に購入して冷蔵庫に入れておく、ということはできません。
自宅で作るのであれば飲みたい時だけ搾ればいいため、栄養や酵素が生きた新鮮なコールドプレスジュースを飲むことができます。

 

自宅用のスロージューサーの購入方法は?

自宅用のスロージューサーは約3万前後するものがほとんどです。ただし1年継続して飲んだ場合、1ヶ月約3000円で利用できる計算です。
専門店のコールドプレスジュースが1杯1000円前後することを考えれば月に約3杯飲めば十分に元がとれます。

 

スロージューサーは通販での購入がほとんどで、店舗での販売は基本的に少ないです。
国産のスロージューサーであれば見かけることはありますが、海外製の方が性能が高いためネットで購入することが一般的です。

 

箱に入った付属品のついたスロージューサーはサイズが大きいので郵送してもられるネットのほうが楽というメリットもあります。

 

スロージューサーを購入して、家族みんなで楽しめるコールドプレスジュースを試してみましょう!

 

野菜嫌いな子どももジュースだと美味しく飲めて、にんじんが好きになったという家族もいます。

 

健康やダイエットを意識する人が選ぶスロージューサーのポイントは?


同じスロージューサーでも機種によってできるコールドプレスジュースの量や質、栄養素や酵素を壊すことなく飲めるかが変わります。

 

コールドプレスジュースを試してみたい人は健康になりたい、痩せたい、病気の予防に、美容のためにと高品質なコールドプレスジュースが飲みたいと思っている人が大半です。

 

一方スロージューサーの違いがよくわからないため、「低速ジューサーを使ってみたい。でもどのジューサーを選んだらいいか分からない!」という意見も多いです。

 

とにかくいいジューサーを使って美味しいジュースを飲んでみたい、健康になりたいという人には以下の3つのポイントを満たすスロージューサーががおすすめです。

 

 1. 同じ素材からより多く搾れる
 2. 回転数が遅く栄養素を壊さない
 3. 長く使える(長期保証がある)

 

ジューサーは3万近くするものですし、せっかくなら良い物を長く使いたいですよね。

 

今購入するなら2016年に発売されたばかりの「ヒューロムスロージューサーH-AA」がおすすめです。
人気メーカーヒューロムの最新モデルで、過去1番の高性能な仕上がりのジューサーです。

 

さらに今なら限定特典として、無農薬のにんじんや果物のセットがつき、購入後すぐにコールドプレスジュースが作れます。 


 

低速ジューサー(スロージューサー)のおすすめ比較ランキング

ヒューロムスロージューサーH-AA

完全返品制度、5年無償修理保証!
トップクラスの低速回転で栄養素を壊さない!
「ピカイチ野菜君」で無農薬にんじんセット特典!

 

ヒューロム スロージューサーH-AAは前機種H2Hを超える低速回転と搾取量を備えています。スクリューの回転数を維持しながらブラシを分速17回転まで落とすことでより栄養素を多く取れるようになりました。
また500gのにんじんから248gのジュースが絞れ、H2Hより10g多い全機種トップクラスの搾取量です。
健康のため、最高品質のジュースを1番多く飲みたい人にオススメ!

 

価格 回転数(毎分) オススメ
42,984円(税込) 43〜48回転(回転ブラシ17回転)

 

 

ヒューロムスロージューサーH2H

完全返品制度、5年無償修理保証!
トップクラスの低速回転で栄養素を壊さない!
「ピカイチ野菜君」で無農薬にんじんセット!

 

ヒューロムスロージューサーH2Hの最大の特徴はスロージューサーに1番必要な機能、低速回転と搾取量を備えていることです。
最新モデルH-AAにトップの座は譲りましたが分速43〜48回転と栄養素を壊さず、500gのにんじんから238gのジュースが絞れるトップクラスの搾取量です。
健康的に美味しいジュースを多く飲みたい人にオススメ!

 

価格 回転数(毎分) オススメ
39,744円(税込) 43〜48回転

 

 

クビンス ホール・スロージューサー

 ジューサー分野最長の10年無償修理保証!
 にんじんも丸ごと。直径7.3pの投入口!
 無農薬野菜セット付き!

 

クビンス ホールスロージューサーの最大の特徴は材料がまるごと入る(※)ことにあります。約7.5cmの広い投入口を採用し、材料を切る手間がありません。忙しい朝でもラクにジュースが作れます。
カットを最小限にしたい人にオススメ!

 

価格 回転数(毎分) オススメ
39,800 円(税込み) 記載なし(同型のJSG-621は60回転)

 

 

 

 

低速ジューサーを選ぶなら、特典、回転数、保証年数、総合的に見てヒューロムスロージューサーH-AAがおすすめ!

完全返品制度、5年無償修理保証!
トップクラスの低速回転で栄養素を壊さない!
「ピカイチ野菜君」で無農薬にんじんセット!

 

ヒューロム スロージューサーH-AAは前機種H2Hを超える低速回転と搾取量を備えています。スクリューの回転数を維持しながらブラシを分速17回転まで落とすことでより栄養素を多く取れるようになりました。
また500gのにんじんから248gのジュースが絞れ、H2Hより10g多い全機種トップクラスの搾取量です。
健康のため、最高品質のジュースを1番多く飲みたい人にオススメ!

 

価格 回転数(毎分) オススメ
42,984円(税込) 43〜48回転(回転ブラシ17回転)

 

 

 

低速ジューサーのキャンペーンは時期により変わります。

低速ジューサーの購入時のキャンペーンは月により内容が変わることがあります。今月はジューサーの洗浄後の部品スタンドついてくる・・と思ったら、翌月にはスタンドではなく緑黄色野菜のケールになっていたり。人気のジューサーに至っては製品そのものが品切れになっていることがあります。

 

ですので、欲しいと思ったら早めに申し込むということをオススメします。最近ではヒューロムとクビンスでそれぞれ特典の野菜+果物と5年以上の長期保証をつけています。ですので、修理保証付きで低速ジューサーが欲しいという方はヒューロムかクビンスで検討してみてはいかがでしょうか。

 

搾汁量って何?スロージューサーでも機種によってジュースの量が違うって聞いだんだけど

搾汁量とは一定量の野菜や果物から何mlのジュースが搾れるかを測定したものです。
スロージューサー、特にスクリューの性能によっては搾りが甘く素材を無駄に消費する可能性があります。搾りかす側に水分が残ってしまうのです。

 

例えば500gのにんじんがあった時、とあるスロージューサーは170mlしか搾れない。別のスロージューサーは260cc搾れる。
このようにジュースの量は差が大きくあり、長期的に見てコールドプレスジュースを作る費用に大きく差がでます。

 

スロージューサーを使うメリットは専門店で購入するよりはるかに安くコールドプレスジュースを作れることです。1杯1000円近くかかるものを100円〜200円前後に抑えられるので経済的なんですね。
でも効率よく多くの野菜ジュースを作れるかはスロージューサーによって差がでます。

 

基本的に搾汁量をデータとして出しているのはヒューロム社だけです。最新機種のH-AAであれば500gのにんじんから260cc搾ることが可能です。
他社の公開データはありませんが、ピカイチ野菜くんの他社含む「同じ量の野菜からどれだけジュースが作れるか?」の検証動画ではヒューロム社製のスロージューサーが頭一つ抜けて搾れたという結果が出ています。

 

回転速度が低速だとどんなメリットがあるの?

低速ジューサーはその名のとおり専用のスクリューを低速で回転させてジュースを搾る機械です。ミキサーのように刃を高速で回転させると発生する熱などで栄養素や酵素を壊す可能性があります。

 

低速ジューサーの1分間の回転数が少ない(遅く回転する)ほどより栄養素や酵素を壊さずにジュースを作ることができます。健康のためより多くの栄養素や酵素をとりたい方は回転数も確認することがポイントです。

 

低速ジューサーの片づけは大変?

片付けはスロージューサーの部品を外して1つずつ掃除していきます。繊維が大量についていますが、水で流せばほとんど落ちます。
付属のブラシは使わなくても水だけで繊維を流せますので、あとは軽くスポンジで洗えばキレイになります。想像よりも洗いやすいと思います。

 

ミキサーと違って刃もないので安全に洗えるのもポイントです。

 

低速ジューサー、壊れたりしないかな?

今各社で人気のスロージューサーの部品は丈夫な作りになっていて簡単には壊れないようになっています。

 

長期間使っても壊れにくいですが、購入先によっては【5年(10年)無償修理保証】がついてくる製品があります。
期間内であれば無償で修理が可能ですので何年も使い続けたい人は必ず保証付きの製品を探したほうがいいでしょう。

 

ヒューロム2016年新モデル「ヒューロムスロージューサーH-AA」は何が違う?

スロージューサーのメーカーとして有名なヒューロムから更に使いやすくなった、家庭向けの2016年新モデル「ヒューロムスロージューサーH-AA」の発表がありました!
スロージューサーH2H」の完全上位モデルで、詳しくはこちらを御覧ください。


スロージューサーおすすめ比較